様々な製品に使用されているフッ素コーティングの防湿加工

濡れたスマートフォン

フッ素コーティングは電子部品の撥水・撥油に最適

様々な用途に使われているフッ素コーティングですが、電子部品や電気製品などに使われているプリント基板などの撥水・撥油や防湿にも使用されています。
実装基板・電子部品を水滴・結露・湿度から強力に保護したり、強固なフッ素皮膜で水・空気を基材や部品に寄せ付けず防湿を行います。柔軟性のあるフッ素コーティング材もありますから、皮膜で高い被覆性を有し、その被膜保護性でボードや各種部品エッジまで保護が可能というものもあります。
この様に様々な電子部品等に現在は有効に活用されています。しかしながらいくら性能が良くても、人間の体にとって悪いもので製造されていては良くはありません。各種コーティング剤には色んな成分が含まれていて、中には人体に有害な成分が含有されているコーティング剤が使われることもありました。
用途次第ではありますが、現在は有機溶剤中毒予防規則に従ったりPFOA対策品が幅広く選ばれ使用されています。撥水性、撥油性、防湿性に大変優れ、かつ人体に有害でないものが広く使われているのが現状です。皆さんが考えている以上に身近なところには、フッ素コーティングが使用されているもの周りには溢れているのが実情といえます。

さまざまな製品に用いられているフッ素コーティング

優れた防水性や防湿性を誇る加工方法にフッ素コーティングがあり、現在では日常的に使われているさまざまな製品にフッ素コーティングによる加工が施されています。
車のガラスをフッ素コーティングすることで雨水をはじき、視界が悪くなるのを防いだり、スマートフォンのガラスフィルムにもフッ素コーティングされているものが多くあります。
またフライパンや炊飯器などの調理器具やシェーバー、スポーツウェアなど、フッ素コーティングによって汚れがつきにくく油や水をはじいてくれるため、普段使用するあらゆるものに使われているのです。
金属製品に用いられることも多く、防水や防湿によってさびにくくするという効果もあります。
特定のものに吹きかけて使用するフッ素コート剤も販売されており、外で使用する看板や車のパーツなどをフッ素コーティングすることで水や汚れから守ることもできます。
高い防水、防湿効果をもたらしてくれるフッ素コーティングですが、表面に加工を施しているという特性上、使い続けることではがれてきてしまうこともあります。
フッ素コーティングされている製品はなるべく表面に傷や刺激を与えず、丁寧に扱うことで効果を長持ちさせることができます。

フッ素コーティングを施すメリットとは

世の中で販売されている色々な製品に施されているフッ素コーティング。
最近人気の水を弾くスポーツウェアや車、フライパン、さらにはお風呂場や洗面台などの水回りなどにもフッ素コーティングが施されている場合が多いです。
では、フッ素コーティングを施すことによりどのようなメリットがあるのか。
フッ素コーティングの一番のメリットはやはり何と言ってもその撥水性です。
フッ素コーティングを施すことにより水を弾き、汚れがつきづらくなるというメリットがあります。
また、水だけでなく油も弾くためフライパンにフッ素コーティングを施すことで、油汚れを落としやすくすることができます。
さらに、フッ素コーティングを施せば防湿効果も得られます。
防湿効果によってカビを防いだり、湿気によるベタつきを防ぐことが可能なのです。
そのため、湿気によってベタついたり匂いが気になったりすることの多いスポーツウェアや衣類などにも、防湿のためにフッ素コーティングを施すことが多いです。
フッ素コーティングはフッ素コーティングのためのスプレーなども市販されており、それを使用すれば誰でも簡単にフッ素コーティングを施すことができます。
なので、水や油による汚れが気になるものがある場合には、自分でフッ素コーティングを施すという事も可能です。


【フロロサーフ】ならスマートフォンなどのモバイル機器を防湿することができるのでオススメです